前回の投稿記事の最後に触れた

捻転毛にGMTを活用した改善方法。

なかなかキレイに伸び無いクセ毛に活用し、さらに最新成分「エラステクック」と合わせることで、他では味わえない仕上がりが可能となりました。

髪質改善には強力な助っ人!「エラスティック」

今回はそんな記事です。

そもそも捻転毛って何?

このブログの中でもちょいちょい出てくる「捻転毛」

クセ毛には、大きく分けると

「波状毛」「捻転毛」「連珠毛」「縮毛」

という4つに分類されています。

その中でも、日本人に多いのが、「波状毛」(ウネウネ)と「捻転毛」(ジリジリ)(個人的見解)

ジェンテには、髪のハイダメージが悩みで来店する方が多くいます。

そんな方達の中で、もっとも多いのが、繰り返しの矯正ストレートによるダメージ。

ウネウネした「波状毛」は割と伸びやすいけれど、ジリジリした「捻転毛」はなかなか手強いのです。

そこで美容師さんたちがすることは、単純に薬剤を強くすること。

もちろんある程度、クセは伸びるのでしょうが、結果的にはハイダメージになってしまうという悪循環なのです。

「髪は痛ませたくない、、けれどキレイな髪にはしたい、、、」

そんな方は意外と多いんですよね。

捻転毛には柔らかいたんぱく質と硬いたんぱく質が混在している

以前にも記事にしましたが、ベースメイクの薬剤は、通常のアルカリストレート剤に比べるとかなり優しくできています。

細くてクセが強い髪にはベースメイクが最適!その理由は、、

その優しい薬剤を髪質やクセの強さによって、施術方法を変える事で合わせていくのですが、やはりジリジリ系のクセは伸びにくい、、

その理由は、「捻転毛」のクセの構成にある、、と言われています。

ジリジリした捻転毛は、髪の中に柔らかいタンパク質(オルトコルテックス)と硬いタンパク質(パラコルテクス)のバランスが偏っているために起こると言われています。

この柔らかいタンパク質には、今までの薬剤が効いてくれるのですが、硬いタンパク質は水分を弾きやすいため、薬剤が効きにくい、、と言われています。

そこで出てくるのが、酸性ストレートなどで使用されるGMTという成分の薬剤。

365システムでも、このGMTを補助的に使用することで、髪の負担を最小限に、しっかりクセを伸ばすことができるのです。

ただ、GMTは暴れん坊なので、安易に使用すると、後々のダメージになってしまうので、そこには注意が必要です。

酸性ストレートなら髪は傷まない??

実際の施術例

では実際の施術を見ていきましょう!

写真ではわかりにくいですが、髪の量が多く、クセも強いタイプです。

2年前の、ジェンテ初来店の写真だともう少しわかりやすいですかね

全体だと、、

これにGMTの処理と、新しい薬剤「エラスティック」の処理も行なっています。

髪質改善には強力な助っ人!「エラスティック」

エラステティックはツヤやハリだけでなく、パーマ剤の作用もしっかりさせる働きがあるようですので、よりキレイな仕上がりになります。

そして、3時間後の仕上がりがこちら

本人もびっくりするくらいキレイになっています!

このように365システムは日々進化しています。

1年前とは、仕上がり、薬剤、施術方法など、様々な点で違う、、、。

だから、こちらも日々勉強しなくてはいけないんですよね。

まだまだ、今後も進化していきますので、ご期待ください!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。