矯正ストレートをかけた髪にパーマをきれいにかけるのは非常にむつかしい、、。

多くの場合はカールがだれて、パーマかけたのかどうかすらわからない、、。

ひどい場合には、悪夢のビビリ毛にもなりかねません。

 

その理由は、矯正などをしている髪は、そのストライクゾーンが非常に狭い、、。

放置タイムの「この一瞬」を逃すと、かからなかったり、かかりすぎてしまうんです。

 

自分で行った仕事なら髪の状態も把握しやすい

 

では本日のお客様。

10か月ほど前に他店のデジタルパーマを直した方です

プロとしての責任!!

自分の書いた記事なんですが、懐かしいですね、、。

我ながら、まずまずな仕事をしているのではないでしょうか(笑)何てね

 

 

今回はパーマをご希望。

以前に失敗した「肩下あたりからの大きなリッジのパーマ」がしたい、、とのこと。

 

髪の状態、希望のスタイルから考えて、今回はエアーウェーブをお勧めさせてもらいました!

ちなみに、この方、前回の失敗から、パーマを他店でかけるのが怖くなってしまったようです、、。

 

あれほどひどい店はそうそうないと思いますが、そう言ってご来店いただけるのは

僕としては非常にうれしいかぎりです!

今日も精一杯がんばっちゃいますよ!(笑)

 

 

しかし、前回にデジタルパーマを伸ばすのと、ややくセ毛もあるので軽めの矯正ストレートをかけています

他店での矯正ストレートの履歴のある髪にはほとんど対応できません

自分で行った矯正ストレートなら、パーマをかけられる場合も多いんです。

何せ「じっくりコトコト方式」ですからね(笑)

 

今回のビフォア

 

今回のビフォアがコチラ

毛先のデジタルパーマが残っている部分はそこそこのダメージ。

今回この部分はほとんどカットさせて頂きます。

いつも言いますが、同じ髪に何度もパーマが良い感じにかけられるわけではないですからね、、。

髪にはそれぞれの体力がある‼️

 

髪が濡れているときと乾いたときのウェーブギャップが少ないとはこういう事

 

最近の記事でも触れましたが、エアウェーブ、デジタルパーマでかける場合

ほとんどの場合は、濡れている時のカールやウェーブが、乾かしてもほぼそのまま残ります。

普通のパーマとエアウェーブやデジタルパーマでは何が違うのか?!

 

言葉ではなかなか伝わりにくいので、今回は写真を撮らせていただきました!

わかりますかねぇ。

髪が濡れている時と乾かした後なので、当然質感は違います。

見てほしいのは、毛先のウェーブの出方。

カール感だけ見ると、ほぼ違いがないくらいの仕上がりになっています。

これは通常のパーマでは、どんなにパーマ上手な人でも、ほぼ不可能です。

エアーウェーブ、デジタルパーマならではの仕上がりです。

 

だからこそ普段のスタイリングが楽になるんです!

 

今回もダブルガラス化で行ってます

 

そしてアフターの写真がコチラ

今回も2回の乾燥をしているので、施術後でも薬剤ダメージもほぼ感じません。

トリートメントなどもしていないですしね、。

 

元々の髪は、表面の髪にややクセはあるものの、とてもきれいな髪です。

大事にすれば、普段も楽ですし、パーマの持ちも抜群にいい!

最高にカールの持ちが良いパーマ!

今の髪の状態なら、半年は楽しめるはずです!

 

長時間お疲れ様でした。遠いところ、再びご来店いただき、本当にうれしかったです!

またお待ちしておりますね!!

 

あ、気になることがあれば期間は関係なく、いつでもご連絡ください!

期限切れなんてせこい事は言いませんからね(笑)

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。