こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

毛髪復元メニューヘアーホスピなどで、髪質改善していると、

髪のダメージが原因で悩みが出ている方が非常に多いんです。

 

もちろん、髪質改善によって、髪をよい状態にしていくのは大切な事ですが

根本的に、ダメージの元を特定して、改善しなければ、いつまでたってもいたちごっこ。

最近は、この事がめっちゃ大事だと思ってます!

 

つまり、髪質改善と同時に、いかにダメージを抑えた施術を行うか、、

これによって、その後の髪の状態は、同じ施術を行っていても大きく変わってしまうのです。

 

なので、パーマは矯正ストレートの場合は「低アルカリ」

ウェーブの場合は「エアウェーブ」お進めしています。

ちなみに、カラーでは「アルカリ、過酸化水素の除去」を行ってます。

 

今回は、パーマの場合にエアウェーブをお勧めする理由を挙げてみようと思います。

 

1つは、ダメージが極端に少なくて済むこと

エアウェーブの場合、中性、ペーハーでいうと7程度の薬剤を使用します。

ペーハー7と言うと、水道水と同じくらいですね。

ただ、還元剤(たんぱく質のつながりを切る薬剤)が6%ほどあるので、まったく痛まないわけではありませんが、ペーハーを落としてあるので、カラーを繰り返している髪や、細い髪には最適ですね。

水道水だって髪は傷みます~髪は弱酸性がベスト~

 

2つ目は、乾いたときと濡れた時の違いがあまりないこと。

これは当然スタイルによりますが、美容師としてみると、非常に計算しやすい!

ブローとかって、自分で行うのと、美容師がするのでは、同じようにはできませんよね。

でも、乾かすだけなら、ブロー程の個人差が出ないので、自宅で再現しやすいんです!

これに関しては、デジタルパーマも同じです。

ただ、デジタルパーマは比較的に髪の負担が大きくなりやすいです。

 

3つ目が、パーマの持ちが格段に良い

これは、髪質や、普段のヘアケアなんかでも大きく変わるのですが

通常の機械を使わないパーマ(コールドパーマ)と比較すれば、断然もちが良いです。

かけるときのダメージが少ないのも、もちが良くなる理由の1つでしょう。

髪のダメージは加速します。

最初に与えるダメージが少なければ、その後もそれほど急激に髪が悪化することも少ないでしょう

3か月めちゃくちゃコストパフォーマンスの良いパーマ‼

 

と、いう事で、今回は通常のパーマ(コールドパーマ)とエアウェーブのかかりあがりの違いの実験をしてみました。

まずはビフォア

写真が雑さはご了承願いたい(笑)

そして、通常のパーマ

こちらがエアウェーブ

比べてみると

右がエアウェーブ、左が通常のコールドパーマ

あくまで自然乾燥で、同じロッド、同じ薬剤(PH7)を使用しています。

薬剤が同じなので、手触りに違いはありません。

ただ、エアウェーブはプルンとしたカール感が出ています。

 

ダメージ少なく、パーマのかかりもしっかり、もちも良い、、、、

特に最近のユルフワパーマなんかは、通常のコールドパーマでかけても

なかなか自分では再現できません。

そんなパーマスタイルが好きな方にはお勧めですよ!

 

以前にもこんな記事を書いてました ➡ パーマのかけ方が違うだけで仕上がりはこんなに違う‼️

大きなリッジのあるはゆるふわパーマは、失敗する可能性が95%⁉️

 

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。