365シリーズを使用し始めると、「今まで不可能だった」事が、「できるようになる」事が多々あります。

これは美容師にとって、とっても大きな事。

他の美容室と比べてどうとか、、、って事以上に、困っている、悩んでいる方の役に立てる事が何よりも大きいでしょう。

通常のメーカーは、ある商品や成分があって、それをどう使おうかと考えます。

それに対し、365はお客様のこういった悩みにどうこたえることが出来るか、、、という観点で開発が進みます。

現役美容師が多く携わっているからこそできる事ですね。

今まではカラーやベースメイクの記事が多かったですが、今回はパーマの話。

特に要望が多い「大きくく巻いたようなカール(ウェーブ)を傷ませずにかける!」記事です。

 

まずはビフォア

見てのとおり、元々髪は非常にきれいな方です。

カラーもされていますが、365で前回久しぶりに明るくしているため、ダメージは、ほぼありません。

ただ、基本的にかかりにくい方。

元々のご来店は、どこに行ってもパーマをうまくかけてもらえず、ブログ記事を検索で見つけてご来店頂きました。

その時の記事はこちら ➡ 直毛過ぎてパーマがかからない髪質の方にエアウェーブでパーマをかけてみた②

今まで通り、エアーウェーブでかけることも可能なのですが、熱を使ってパーマをかけると、ダメージやカラーのくすみなどの問題が起きやすい、、、、という事で、今回は365システムでパーマをかけます。

優しい薬剤をしっかり反応させる

まず、365システムでのパーマの違いは何といっても薬剤!

最もダメージリスクが少なく、かつ、2剤で固定しやすい還元剤を使用しています。

と言っても、一般の方には分かりにくいですよね、、

簡単に言ったら、極力傷ませない薬剤、、という事です。

さらに、ある秘密があり、キューティクルを傷つけずにパーマをかけることができます。

それをベースに、様々な処理剤や添加剤を使用し、髪質に合わせてカスタマイズすることが出来ます。

多い方で10種類以上の薬剤を混ぜたり、付けたりするので、それぞれの薬剤の特徴を把握する勉強が欠かせないですね。

だからこそ、定期的な勉強会、研究会が重要になってくるのです。

月曜日は髪質改善のための勉強会!

更なる髪質改善のための勉強会!

NRA名古屋研究会 8月

一度の施術で2回パーマをかける

施術方法にも一工夫があります。

通常大きなロッドでパーマを巻くと、乾かした途端、パーマをかけた事すらわからなくなってしまいます。

これは、曲がる力よりも、まっすぐに戻ろうとする力が強いから、すぐ取れてしまったり、乾かすとカールがなくなてしまうのです。

だから、365では一度しっかりかけておいてから、再び大きくかけ直す、、という工程を踏みます。

そうすると、より内に戻ろうとする力が働くため、大きくてしっかりしたカールが出来るのです。

そういうと、大変な時間がかかるのでは、、と思う方もいるかもしれませんが、実際は通常のパーマにプラス15分程度あれば十分でしょう!

そして、先ほどのお客様のアフターがこちら

なんとなく乾かしてこの状態です。

何より、ご本人に喜んで頂けるのが一番のやりがいになりますね!

パーマは2剤が命!

ところで、美容業界でパーマを卓越しようと思うと、必ず言われるのが

「パーマは2剤でかける」という言葉。

簡単に説明すると、パーマとは、髪を柔らかくし(1剤)、形を決めて(ロッドに巻く)、そのまま固める(2剤)、、という作業を行っています。

この「固める」作用が2剤の役割なのですが、一般の美容室で意外と多いのが、固まらないうちに流してしまう事。

パーマをかけた後、なんだか毛先がパサパサする、、とい経験があるかたも多いと思います。

こういったケースの多くの場合は、この「固める」作用が不完全であるからです。

それは、美容室で使用している2剤自体に問題がある場合も多いので、何とも言えないですが、、。

 

とにかく、こういった点に注意してパーマをかければ

「ダメージも少なく、パーマ持ちも良く、大きいユルフワパーマ」も問題なくかけられる、、という事ですね。

パーマスタイルを楽しみたい方は、是非お試しください!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。