こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

髪がパサパサ、フワフワ、、何をしても良くならない、、、

ひょっとしたら、自分の髪にあったシャンプーやトリートメントを使えばもっと扱い良くなるのかな、、

なんて思っている方は、以外に多い。

でもよく今までを振り返ってみてください。

結局、数回使うと「やっぱりあんまり合わないな、、」とまた違うシャンプートリ―とメント探し、、、

同じ事をずっと繰り返していませんか?

結局、一番の髪の悩みは解決されないまま、今に至って、髪の悩みはあきらめていませんか?

 

何故こんな風になってしまうのか、、、、

 

恐れずにはっきり言いましょう!

傷んだ髪をトリートメントで何とかしようと思うのが、そもそも間違いですから!

 

今回は、その理由と対策について考えていきましょう!

髪の傷む原因 ~なぜ今のように髪が傷んでしまったのか、、、~

まずは、髪が傷む原因について。

現在、ご自分の髪が傷んでいて何ともならないのであれば、必ず思い当たるふしがあるはずです。

是非、ご自分の髪の過去を振り返って読み進めてください。

1、物理的なダメージ

髪は、摩擦には非常に弱くできています。

具体的には、シャンプー後にタオルで水分をふき取るとき、ドライヤーで乾かすとき、ブローの時

アイロンを入れる時、髪をまとめる時、逆毛を立てる時、などに、摩擦によって髪の大切なキューティクルが

はがれていってしまう事があります。

これらによって引き起こされるのが、物理的なダメージです。

2、外部環境的なダメージ

夏に、海やプールに頻繁に行っていたせいか、秋になったら髪がガシガシになってきた、、、、。

これは、海水やプールの水がアルカリに偏っている上に、直射日光で髪が焼けてしまう事によっておこります。

こういった、環境によって引き起こされてしまうのが「外部環境的なダメージ」です。

他には、湿度の高い場所と、空調の効いた部屋を出たり入ったり、、、などでもダメージは起こるし

野外でのスポーツで、汗と日光などでもダメージになってしまう事もあります。

3、化学的なダメージ

これは、主には美容室で引き起こされるダメージです。

もちろん、ホームカラー(酸化染毛剤)などは大きなダメージが起きます。

一般の方は、美容師さんに

「これはトリートメント成分なので傷まないですよー」なんて言われると

素直に信じてしまう事も多いようですが、形を変える(パーマ)色を明るくする(カラー)以上

どんなトリートメント成分を使っていても、髪が傷まない事なんて絶対にありません。

施術したその時にツヤツヤなきれいな髪になっていたとしても、2、3日で

そのコーティングも取れてきて、髪の中の荒らされた部分が露出してきます。

「やってもらったときはキレイなんだけどなー」

そんな感想を感じる正体には、こんなからくりがあるんですね。

参照記事 ⇒ あなたの髪を一番痛めているのは、僕ら美容師!という自覚

 知っておいた方が良い、髪にとって重要な事 ~素髪の重要性~

まずは、美容師ならほとんど知ってると思いますが、髪をきれいにするうえで重要な項目を

いくつか挙げてみましょう!

1、髪にはどんな有効成分でも、定着も同化もしない!

CM、広告、ネット検索などをみていると、

「髪に近い高濃度加水分解ケラチンを配合した、、、、」とか

「ナノ化させた〇〇を髪に浸透、、、」「超音波で、、、」なんて

なんだか髪によさそうなことが沢山書いてありますよね、、、、。

でも、、残念なことですが、、、、、

髪にはどんな成分を入れても、定着も同化もしないんです。

本当に残念ですよね、、、。

ま、つまり、髪の内部に入ったとしても、すぐに出てしまう、、、という事です。

どんな有効成分であれ、髪のダメージをごまかすことはできても、修復することは不可能なんです。

 

2、髪にはもともと強靭な鎧がついている

髪は、自分の中にある成分を守るために、最強に鎧を身にまとっています。

生身の自分を守るために、こんな鎧で武装している感じ(笑)

個人差はありますが、ある程度の摩擦や熱、紫外線からは髪を(正確には頭を)守ってくれるんです。

しかも、この鎧はかなり精密で、水分によって膨らんだり、縮んだりしながら、

髪の中が安定した状態で保てるように動いているのです!

 

3、アルカリやコーティングによって鎧がはぎ取られてしまう!

そんな強い味方のキューティクルにも、弱点があるのです。

それが「アルカリ」「コーティング」の2つ

アルカリとは、カラーやパーマなど、髪の色や形を変えるときに、元々弱酸性の髪をアルカリ性に傾けることで

簡単に操作できるようにするためのものです。

ちょっとややこしいですよね、、下の図を参考にしてください!

繰り返し、アルカリに傾けることで、髪は硬化し、徐々にはがれていってしまう(鎧がはがされてしまう)のです。

続いて「コーティング」

これは、今ある鎧の上に、ラップみたいなコーティングで覆っていく感じ。

すると、人の場合だと、中では呼吸困難に陥り、気を失う、、、。

髪の場合だと、上手くキューティクルの開閉ができなくなり、髪の中が不安定なままになってしまうのです。

さらに、そのラップは、必ず自然にはがれていってしまいます。

そのはがれる際に、身に着けている鎧も一緒に剥がしてしまう、、、なんてことも起こりうるのです。

 

原因を取り除けば悩みは解決できる!

では、結局どうしたら良いのか??

たとえば、煙草を吸う方が、肺の病気にかかったとしたら

まず重要なのは、禁煙する事がベスト、最近であれば、ちょっと譲歩しても、電子煙草にするとかですよね。

煙草を吸いながら、薬やサプリで改善させたところでイタチごっこ。

客観的に見たら、その病気が改善する可能性は少ないでしょう、、、。

髪の悩みだって、それと全く同じです!

 

ただ、だからといって、普段のスタイリングやアイロン、または紫外線を避けたりなんて、まず不可能、、。

しかも、すごーーく気を使ってみた所で、その違いはごくわずか、、、。

せっかく頑張っても、効果がわからなければ続かないですよね、、、、、。

 

でも、上記の髪のダメージの原因で、最も大きなものは、実は、、、、

 

化学的ダメージなんです。

つまり、美容室で行うメニュー、、、このダメージが多くの場合は最も大きいのです。

 

そのダメージをすこしでも小さくできれば、いつかは、髪のダメージを気にする事もなくなります。

その原因を取り除いた(小さくした)うえで、毛先のダメージを「直す」ことはできなくても

「ごまかす」ことで、やり過ごしていく、、、。

できるだけ、鎧を残した状態で毛先まで伸ばしてあげれば、それほど気になるダメージにはなりません!

髪を改善するという事は、そういうことだと思います。

とはいえ、一般の方からしたら、よくわからないし、めんどくさいですよね、、、。

 

そんな方は、髪の毛の事を本当によくわかっている美容師さんに、お任せするが最も近道です。

だって、美容師は、髪のプロですからね、、、

 

つまり、、、髪が傷んで何とかしたい、、何を付けても良くならない、、、そんな方は

検索などで、よくわからないシャンプーやトリートメントを探すより、

信頼のおける美容師さんを探すほうが、結果的には、早く髪が良い状態になるという事です!

 

 

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。