美容室にあるメニューの中でも、最も髪に負担をかけるメニューの一つに縮毛矯正があります。

ジェンテにご来店頂く方の中にも、縮毛矯正による髪のトラブルからご来店いただく方も多い。

 

ちなみに、「縮毛矯正」「矯正ストレート」「ストレートパーマ」は

基本的に同じものであることが多いです。

美容師さんによっては、アイロンを使用せずにクセを伸ばすものを「ストレートパーマ」と呼ぶ人もいます。

僕は個人的に「縮毛矯正」を「矯正ストレート」と呼んでいます。

別に、縮毛の方だけにするメニューではありませんからね。

 

矯正ストレートによって髪がジリジリしてしまう

 

ただ、そんな矯正ストレートも、美容室や美容師によって、髪にかかる負担は大きく違います。

つい先日も初めてご来店いただいた方が

「何度かビビり毛になってしまい、毛矯正ストレートは怖くて仕方ない、、」

そんな風におっしゃっていました。

この方は現在、ヘアーホスピによって毛髪復元中です。

髪質改善ヘアーホスピに関する疑問点 まとめ

ヘアーホスピとヘナトリートメントの違い

ヘアーホスピの施術を公開

 

髪がこのような状態になってしまうと、キレイになるまでには相当な時間がかかってしまうもの。

特に矯正ストレートやパーマは、その店によって技術や知識、経験にも大きな違いが出てしまいます。

そして、一度ビビり毛になってしまうと、後は大変になります。

ですから、髪のダメージが気になる方は、美容師選びに注意するのが最善でしょう!

 

根折れ&ビビリ毛になった方がヘアーホスピを続けた結果、

ビビリ毛はヘアーホスピでどこまで治るのか?⑤

髪質改善プラン ラスト!

 

美容室によって矯正ストレートの何が違うのか?

 

矯正ストレートの場合、施術工程はどこのサロンでもそれほど大きく変わりません。

1剤塗布 & 放置

流し

ドライヤーで乾かす

ストレートアイロンで髪を伸ばす。

2剤処理

流して終了

 

これが一般的な矯正ストレートの工程です。

では、いったい何が違うのか、、、

それは、薬剤と知識と技術の3つです。

 

これによって、矯正のみならず、パーマですらも、髪にかかる負担は変わってしまうのです。

 

先日のお客様

 

では、先日のお客様を見てみましょう!

この方は2年ほど前からご来店いただいています。

それまでも、矯正ストレートを半年とか1年の周期でされていたそうです。

まずはビフォア

髪が細く、いわゆるエイジング毛もチラホラ出てきています。

前回は1年前に矯正ストレートをさせて頂いています。

ややバックウェーブもあるため、前回よりはちょっと薬剤を強くしています。

そしてアフターがコチラ

見てほしいところは、途中から髪のダメージがあからさまに違うというとこ。

まさに矯正ストレートの薬剤や施術方法の違いでこれだけの差が出てしまうのです。

 

このまま1年に1回程度の矯正ストレートを続けていけば

いずれは全てきれいな髪になりますのでご安心を!

では、本日もありがとうございました!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。