名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。
先日の矯正ストレートのお客様がこんな事をおっしゃってました。

「耳後ろのクセ毛が強くて、1回目で伸びなかったので、次のストレートの時に、その事を伝えたら、その部分だけ強めにかけてくれたみたいで、、、

で、その日は大丈夫だったんですけど、2、3日したら髪がジリジリになってきたんです、、、。」

髪は、それぞれに限界点があって、そこを超えたダメージを受けると、

こんな風になってしまいます。
想像でしかないですが、おそらく、、
耳後ろ伸びにくい

そこだけ強い薬剤を使用(高アルカリ)

髪の限界点、ギリギリの状態


普段のシャンプーやタオルドライ、ドライヤーの熱で限界突破

ビビリ毛の出来上がり

こんな感じかな。と考えられます。

個人的に、以外にこういったケースは多いのでは?と思ってます。

ビビリ毛まではいかなくても、美容室に行った後、特に何も変えてないのに、数日後、ガシガシし出す。

でも、これって、美容師側の責任な気がします。

そういったリスクがあるなら、当然きちんと伝えるべきだし、そもそも、そんなにリスクを冒してまでやる必要があるのか、、

美容師も、良かれと思っての事だと思うのですが、客観的に見て、これが医療の世界ならヤフーニュースですよね笑

美容師の責任は重大!

だって、髪は女性の命ですからね

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。