こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー衛藤です。

髪が細くてボリュームがない、、、

そんな方の中には、パーマをかけたいけど、かけると髪のダメージですぐにガシガシになってしまう。

そんな方もいらっしゃいます。

今回はそんな、軟毛の方のパーマをご紹介!

 

細い髪にパーマがかからなかったり、持ちが悪くなる理由!

 

パーマがかからない髪のパターンにはいくつかあります。

⇒ 参考記事 髪が細くて直毛で、パーマがかからない、、そんな髪の悩みを解決!!

前回の記事はキューティクルがしっかりしている方でした。

今回の方は、もともと髪にたんぱく質が少ない方

 

一番の違いがわかるのは髪のハリコシの少さです。

そんな方に多いのは、「以前はサラサラ、ツヤツヤで人もうらやむようなツヤ髪だってけど

年齢や繰り返しのカラーやパーマで、いつしか髪にコシがなくなってしまった、、、」

そんなパターン

 

元々たんぱく質が少ない上に、加齢やダメージでさらにたんぱく質が流出

そんな髪に普通にパーマをかけても、ガシガシに傷むばかりで

普通に乾かすとせっかくかけたパーマもほとんどなくなってしまうのです。

だから、こういった髪質の方の場合、正確に言うと

「パーマがかからない」ではなく「かかったパーマが出にくい」というのが正しいでしょう。

髪を濡らしてみてカールやウェーブが出るようであれば「パーマはかかっている」のです。

ただし、キューティクルも薄いため、髪の中のたんぱく質が流出し、持ちが悪くなる場合も多くあります。

ビフォア

まずはビフォア写真

写真ではわかりにくいかもしれませんが、細くてきれいな髪なんですが、非常に傷みやすい髪です。

もう10年ほど担当させて頂いていますが、いつも毛先はガシガシしていました。

(ここ最近はヘアーホスピとエアウェーブで随分改善されています)

 

こういった髪質でありがちなのが

通常のパーマではアルカリが強すぎて、薄いキューティクルがすぐに破壊されてしまう。

キューティクルが破壊されるとパーマも持ちが悪くなる

さらに強くパーマをかければと勘違いし、強くかけたがる

髪の状態がさらに悪化する

という破滅のループ

20年も前は、こんな感じで毛先がチリチリになってる方も多かったですね(笑)

 

こういった髪質はどうしたらキレイにパーマがかかるのか?

この方の場合は、基本的にホットカーラーで必ず巻くので

パーマによるダメージを少なくしてあげれば、持ちも良くなります。

 

という事で、エアウェーブを使用し中性の薬剤(水道水と同じくらいのペーハー)でパーマをかけます

(画像は違う方ですのであしからず)

エアウェーブを使用し、乾燥の力でパーマをかけることで、中性の薬剤でもパーマがかかるのです。

 

乾燥の力でパーマをかけた結果

 

少し丁寧にウェーブを崩さないように乾かすとこれくらいのウェーブが出ます。

そしてか軽くまいてみると、、、

こんな風に、きれいなカールを長持ちさせり事ができます。

ちょっとほっとカーラーで軽く巻くだけでこれくらいのツヤが出ます。

見て分かる通り、ダメージはかなり少なく、さらに、パーマの持ちも良くなっています。

1月後の写真がコチラ

多少パーマの時間はかかりますが、細くて傷みやすい髪には最適でしょう!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。