こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

本日の記事はヘナの実験です。

ヘナはもともとインドの草です。

現地の方は昔から、髪に塗ったり、体に模様を入れたりしているそうです。

今でも、インドのどこかの地域では。結婚式前の新譜さんにきれいな模様を体に描き

結婚式を迎えるそうです。

以前に、旅行に行ったお客様から写真を見せて頂いたのですが、それはそれはきれいな模様!

まさに芸術品でした。

 

ただ、カラーみたいに色が選べるわけでもないし、黒髪が明るくなることもありません。

ただ、白髪がオレンジに染まるだけなんです。

これを茶色に近づけようとすると、ヘナでオレンジにした髪の上に、

さらにインディゴという藍を水で溶かして載せて、茶色に近づけるのです。

 

先日、毛束を使ってどんな色になるのか実験をしてみました。

まずはビフォア

金髪の毛束です。もちろん人毛100%です

これに、まずはヘナの粉末を溶かして髪に塗ります。

すると、、、、

こんな色になります。ベースが薄い茶色なので、赤茶っぽくなりますが

白いベースだと、結構ビビッドなオレンジになります。

毛束が2つあるのは、違うメーカーのものを比べてみたかったからです。

よく見ると、濃さの違いがあるのがわかりますよね。

 

 

では、さらに子の毛束の上に、インディゴを載せてみましょう!

こんな感じ。

毛束のせいか、結構なダークブラウンになりました。

 

ヘナの愛用家の方たちには、この2度染は意外に広く知られているものです。

100%天然にこだわる方には、この方法しかないんです。

もし、これが、1回塗っただけで茶色になるようなら、おそらくそれは100%天然ヘナではありません。

まず間違いなく、人口色素が入っているでしょう。

 

さらに、今回はこんないろが出ましたが、髪質によって出る色はまちまち。

回数続けても、むらなく染めることは難しい、、、。

 

ではなぜそんなデメリットばかりのヘナで染める方がいるのか、、、、

これには、当然、そのメリットもあるのです。

 

メリット1

髪がほぼ傷むことがない

メリット2

細くなった髪やハリコシのなくなった髪にハリコシが出る

メリット3

人口色素を使っていないため、カラーでかぶれてしまう方でも使用できる。

 

人によっては、このことが、多少の手間に比べても、おつりがくるほどのメリットなんです。

 

また、ビビり毛などの超ハイダメージ毛に髪質強化として使用されることも多々あるのです。

 

カラーとしてはできそこないですが、トリートメントとしたら、結構使える存在なんですね!

ただいま、ヘナについてはいろいろ勉強中!

今後はヘナ関連の記事も増えるかもしれません!お楽しみに!

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。