矯正ストレートとともに、美容室で最もダメージがはげしいと言われるれる”ブリーチ”

ブリーチ履歴のある髪は、矯正ストレートやデジタルパーマをかけるなんて、かなりダメージリスクの高い施術。

 

普通の美容師なら、薬剤の設定、放置時間、乾かし具合まで、細心の注意を払ってもうまく出来る確率は高くない、、。

僕も、個人的にはブリーチは極力行わないし、ブリーチ履歴のある髪にパーマやデジタルパーマを、、と言われたら

お断りする場合も多いでしょう。(傷ませるのが嫌だから)

 

特に最近では、外国人風カラーやグラデーションカラーでブリーチ履歴ある方も増えていますから

「ブリーチしてるけど、そんなに傷まないならデジタルパーマかけたい!」

なんて思う方も増えてくるかも、、、。

と、いう事で、今回はブリーチ毛とデジタルパーマの記事です!

ブリーチ毛にデジパは危険、、、けれど状態次第では不可能ではありませんからね。

普通のパーマとデジタルパーマの違いって?

デジタルパーマが始まったのが、今から20年ほど前。(僕の記憶が確かなら)

当初はフリーカールと呼んでいた気がします。

薬剤も機械も今ほどの技術力がなく、当時から「髪が傷む」という問題はあったようですが、、

 

では普通のパーマと一体何が違うのか、、説明していきましょう!

まずはロッド。通常のパーマはこんな感じ

これを髪に巻きつけて、薬剤を付けて髪の形状を変えていきます。

デジタルパーマではこんなロッドを使用します。

ロッドの端っこについているジャックのような部分にコードをつなぐことで、ロッド自体が熱くなります。

薬剤の力だけではなく、熱で乾燥させることで、パーマをしっかりかけるのがデジタルパーマの特徴です。

そして、完全に乾燥している状態から、たんぱく質を固める工程(2剤工程)を行うので

「乾いてもだれないカール」が出来上がるのです。

参考記事がこちら ➡ 普通のパーマとエアウェーブやデジタルパーマでは何が違うのか?!

なぜブリーチした髪にデジパが危険なのか?

ブリーチはペーハーでいうと、おそらく美容室の中にある薬剤で最も高いペーハーを示します。

図にあるように、ペーハー値11~12あたりです。

また、最近のハイブリーチには、アルカリ度を上げて、さらに強化されたものだってありま

そして、高いペーハーにさらされると、キューティクルは溶けてしまうのです。

そして、徐々に髪の中のタンパク質が流出してしまい、傷む、、という事です。

何度か書いていますが、髪をきれいにしていくにはキューティクルを残すことが必須ですからね。

 

髪質改善をしながらのデジタルパーマって?

いつも言うように、髪質改善で最も大切なのは「髪を痛ませない事」

つまり、「髪が元々持っているキューティクルをいかに残すか」が重要なんです。

矯正ストレートでも、パーマでも、カラーでも同じですが、まずは薬剤の反応を最小限に留める事。

それぞれの役割が終わったら、違う薬剤で無効にすることで髪の負担を最小限にします。

そうしないと、施術したその時は「いい感じ」でも、時間と共に髪がパサパサしてきてしまいます。

それを繰り返せば、いつかは髪の限界を超えてしまい、びびり毛に、、なんてことになりかねません。

実際にブリーチ毛にデジタルパーマをかけてみた!

では、何度かブリーチしてしまった髪は切ってしまう以外方法がないのか?と言うと

髪に状態や髪質にもよりますが、一概にそうとも言い入れません。

特に365シリーズを使用し、髪の強化を行っていくと、意外とキレイにかけることも可能なんです。

では、実際の施術を見ていきましょう!

まずはビフォア

元々、髪は丈夫な方ですが、「透明感のあるカラー」の為に2~3回のブリーチを他店にてされているそうです。

ご本人も「こんな風になるとは思わなかった、、、」そうです。

ブリーチは、色落ちも早いため、後も大変ですからね、、、

それから、3か月ほどかけて、何度か365シリーズで髪を強化、修復し、最終的に毛先20センチはカットしています。

もちろん、ご自宅で使用するシャンプーやトリートメントも変えて頂いています。

そして髪質改善と同時にデジタルパーマ。

そのアフターがこちら

写真ではわかりませんが、質感は見た目以上に良い仕上がりになっています。

 

どんな髪でもかけられるわけではないですが、数か月かけて髪を強化、同時にホームケアで使用するシャンプーやトリートメントも改めて頂ければ、理想の髪に近づけることは不可能ではありません。

ヘアースタイルは、施術する美容師、おうちで扱うお客様の2人3脚で作っていく事が一番の近道だと思います!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。