誰が何と言おうと、どんな良い商材を使おうとも、アルカリカラーは髪を傷めます。

しかも、白髪染めなどで頻繁にカラーをする方は、ダメージも倍のスピードで傷んでいきます。

 

ただ、髪を明るくできるのもアルカリカラーだけ。

髪質や髪の状態を見極めながら、担当する美容師さんと相談していくのが大切です。

 

一般の方の中には

白髪染め = アルカリカラー

しかないと思っている方もいるようです。

 

髪のダメージを優先するのであれば、ヘアーマニキュアや香草カラーなんかも選択肢にあってよいでしょう。

 

アルカリカラーより傷まないヘナカラー(ジアミン入り)

 

今回ご紹介するのは、半年前からジアミン入りのヘナカラーに変更したお客様。

(ジアミン入りのヘナカラーはケミカルヘナなどと呼ばれている事もあります)

 

パーマが非常にかかりにくいけど、髪質的にはめちゃくちゃキレイ。

けれど、3年ほど前から白いのがチラホラ見え始め、はじめは暗めのアルカリカラーで施術していました。

ただ、パーマも併用してかけていく上に、元々かかりにくい髪なので、カラーとパーマの併用では

どうしても髪に負担がかかってしまう、、、。

しかも、この方、2~3週間ごとにカラーをされますからね、、。

と、いう事で、半年ほど前に、まずはアルカリカラーをやめて、ヘナカラーに変更

特にこの方は、明るくするつもりがない方なので、明るさ的には問題ありません。

 

1年経過した結果、、、

 

あれから1年後の現在の髪がコチラ

 

よく見ると、髪が3段階に分かれているのがわかります。

 

根元~20センチくらいのヘナカラー

髪にツヤもしっかりあって、何より、触った時の柔らかさが違う、、まぎれもなく美髪です(笑)

中間部分

見た目は意外とキレイに見えますが、よく見るとツヤの出方が違うのがわかると思います。

触った感じも、やや硬さを感じる髪になっています。

毛先

以前のカラーと、パーマによるダメージで枝毛も多いです。

濡らすと結構な引っ掛かりが出ます。

 

今後は、このままヘナカラーを続けていき、そこそこ長さが出てきたら

傷んだ部分はカット、その後、エアウェーブでパーマをかければ

以前ほどのダメージにならずに、パーマもかけることが可能です。

 

ダメージの原因を取りのぞき、髪のダメージを改善していく!

時間はかかりますが、これも髪質改善の一つのパターンでしょう!

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。