こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

パーマや矯正ストレートは、施術方法や薬剤によっても仕上がりには違いが出ます。

優先順位は 施術方法>薬剤 なのですが、

とはいえ、使用する薬剤も非常に重要です。

僕が思うに、髪質や髪の状態によって、美容師がコントロールできる薬剤がベストです。

 

美容師にとっては当たり前に聞こえますが、実際美容室で行われている調合は

「ちょっと傷んでいそうだから、優しい薬剤をちょこっと混ぜて弱めておこう」とか

「クセが強くて伸びにくそうだから、強めの薬剤使おう」

この程度の認識で行われることが多いとおもいます(たぶん)

でも、実際には、還元剤濃度、ペーハー、アルカリ度、この3つの数値は把握しておかないと

様々な髪に対応するのは難しいでしょう、、、。

 

でないと、どこまで行っても、美容師的直観に頼りしかなく

再現するのが難しくなってしまいます。

 

美容師の直観はむろん大切なのですが、ある程度の経験を積むまでは失敗の連続になってしまいます。

 

随分、話がずれましたが、先日の矯正のお客さまです!

ビフォアはバタバタしていて撮り忘れ、、、。

いきなりアフター写真です。

今回、注目したいのは、根元から20センチくらいまでとその先の違い!

ちょうど頭が丸くなっているあたりから、髪の状態が違っているのがわかりますかね?

中間から、ややジリジリしているのです。

 

この違いの最も大きな要因は「薬剤」なんです。(もちろん「人」も違いますが、、)

たったそれだけの事でも、これだけの差が出てしまう、、、。

 

逆に言えば、不必要な負担を髪にかけなければ、きれいな髪は維持できるのです!

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。