こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

20年ほど前に、今の縮毛矯正の原型が出来てから、

1剤をつける ➡ 流す ➡ 乾かす ➡ アイロン ➡ 2剤で固定

この工程はほぼ変わっておりません。

 

けれど、薬剤であったり、処理剤やアイロン工程であったり、

その基礎となる毛髪科学は時代とともに、少しづつ変わってきたように思います。

今となって思うと、本当に重要な事はそのうちのわずか1~2割ですけどね、、、。

 

それ以外のことは、いつの間にか時代とともにすたれていってしまいました。

今でも、メーカー各社が様々な研究をしているようですが、

僕らの工程でもちょとづつ変化している事もあるんです。

 

では、最近よく行う施術例とともにご紹介します!

 

まずはビフォア

表面の髪が割と強めの捻転毛(1本1本がジリジリした髪)

中の髪はそれ程強い癖ではありません。

実は、この方は、前回の施術の際に「根折れ修正」を行っています。

その時の記事がこちら ➡ ストレートパーマの失敗 ~根折れ~

約半年前の記事ですかね。

それ程ひどい状態ではなかったので、この時はそれ程大変ではありませんでしたがね、、。

 

薬剤を効率的に浸透させるシャンプー

 

カラーを1年ほど前に1度しているそうです。

今の根元はかなりの健康毛なので、最近よく使用するこのシャンプーを使用します。

なんとこのシャンプー、その後の薬剤の浸透を良くするというすぐれもの!

「かかりにくい」「伸びにくい」髪にはこのシャンプーを使用します。

そうすることで、過度に強い薬剤をしようしなくて済みます。

つまり、傷みにくい、、という事ですね、、、。

 

切れてしまったたんぱく質のつながりを再結合させる処理剤

 

一度切れてしまったたんぱく質は、基本的にはつながることがありません。

だから、同じ部分に何度もパーマや矯正ストレートをするとダメージが出てきてしまい

遂にはかからない状態にまでなってしまうんです。

 

ところが、この処理剤は、その切れたたんぱく質を再結合する、、。

つまり、理論的には、何度でもパーマや矯正がかけられる、、という事ですね。

 

まだサンプル品なのでこんな容器に入っています。

実験段階ですね、、、

特に今回の方は、前回根折れ経験者、、、。

ちょっとでも安全に矯正を行うために、リタッチ部分に塗布していきます。

そして仕上がり

キレイにストレートになっていますね。

以前の矯正ストレートのダメージが少々気になりますが、このまま繰り返せば

毛先にデジタルパーマで軽いカールも可能になります。

もう少し辛抱ですね。

本日もありがとうございました!

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。