こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

以前は矯正ストレートをしてたけど、ダメージやぺたんとした感じが嫌で、矯正はあきらめた、、、

そんな方も、よくお会いします。

個人的には、なんでもかんでもストレートにすればいいなんて、まったく思っていません。

当たり前のことですが、

ストレートにしなくてもきれいに見せれるなら、矯正ストレートなんてする必要なんて当然ありません。

 

単純な作業に見えるかもしれませんが、矯正ストレートは非常にデリケートで髪に負担の大きい施術。

ちょっとのミスや繰り返しの施術で、悲劇のビビり毛になったりする可能性だって常にあります!

僕らが使う低アルカリだからって、ダメージレスなわけでもないし、100%安全な薬剤ってわけでもありません。

 

そのあたりを踏まえて、本日の施術例

クセは強くないけど、湿度が高いとモワーっと膨らんできてしまう髪質。

これからの時期はつらいですよねー。

髪自体は細くて、強い。そのせいか、矯正かけてもしばらくするとクセが戻ってくるそうです。

でも、ダメージだけは出る、、、。

だから、ここ数年矯正はかけていないそうです。

気になる毛先は、ずいぶん前、矯正ストレートをしてある髪に、大きなゆるふわカールを出そうとデジタルパーマをかけたら、、

まさかのかかりすぎ!!

それを再びストレートで伸ばしたそうです(泣)

 

この毛先のダメージにはそんな理由があったんですね、、かわいそうに、、、

毛先の体力は限界に近いです、、、

髪にはそれぞれの体力がある‼️

もう、完全なる美容師のミスですね、、

毛先はともかくとして、中間の髪のダメージも気になりますね、、。

ちょうどそのあたりから、くせも強まっています。

おそらくダメージによるうねりも相まって、くせが強まっているのでしょう、、。

いろいろお聞きしたのですが、この中間のダメージの原因は特定できず!

カラーが明るかったせいなのか、残留アルカリのせいなのか、はたまたホームケアのせいなのか、、

真相は闇の中です。(笑)

 

では、本題に戻り、確かに薬剤浸透しにくそうな髪なんです。細いんですけどね、、。

おそらく、今までくせのもどりがあったのは、髪が細いため

アルカリでキューティクルが柔らかくなってしまい、髪の中のたんぱく質の結合が切れる前に流さざるを得なかった、、。

だから、どれだけアイロンで伸ばしても、たんぱく質の切断ができていないため、そもそもまっすぐに伸びていない、、

そんなところではないでしょうか、、(想像)

 

なので、今回は薬剤のパワーを弱くして、放置時間を長めに設定。

細めの強いクセ毛には、やっぱり「じっくりコトコト方式」でしょ(笑)

安全性も高いしね

では、アフター

毛先だけアイロンで軽くまいてます。

これでしばらく、朝のストレートアイロンからは解放されますね!

毛先のダメージは、トリートメントでごまかしながら少しづつ切っていくか、

どうしても気になるようなら、毛髪復元メニューヘアーホスピで髪を直していくしかないですよね。

ほんとは切ってしまうのが一番のトリートメントです(笑)

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。