ジェンテにはさまざまな髪の悩みを抱える方がご来店しますが、髪の悩みで大切なのは、まずは「髪の問題の原因を特定する」事!

原因も分からず改善できる、、なんてことは恐らく100%ないでしょう。

逆に言えば、その「問題の原因‘」さえ特定できれば、十分改善出来る、、ということですね。

そんな髪の悩みの中で、今回は「カラーの退色」について考えていきましょう!

カラーの退色が早い人はこんな髪!

「カラーの褪色が早い」方の特徴をいくつか挙げてみましょう!

●髪が細かったり、クセ毛だったりで痛みやすい

●そもそも髪が傷んでしまている

●透明感の出るカラー剤でカラーしてもらっている

●ホームケアでは市販のシャンプー剤を使用している

●ホームカラーをしている

●海やプールに頻繁にいく

などですかね、、、

それぞれに褪色してしまう理由があるのですが、大きな理由を3つほど上げてみましょう!

髪が傷めば褪色も早い

カラーは、メラニンという人が元々持っている色素を壊し、そのかわりにジアミンという人工色素が髪の中に入り、発色する事で色が変わります。

この人工色素が髪の中にしっかり滞在してくれれば「色もちの良いカラー」になり、逆に、すぐに抜け出てしまうと、「色もちの悪いカラーとなります。

では、どうして抜け出てしまうのか、、

これには、髪が持っているキューティクルという鱗状のものが大きく関わってきます。

電子顕微鏡の2000倍画像で見るとこんな感じ

これが髪の中の成分が出ないように、髪を守ってくれる最強の「ヨロイ」なんです。

ところが、髪が傷み出すと、まずこのキューティクルが剥げ落ちていきます。

そして、「ダメージホール」という穴が空いてしまいます。

こうなると、髪は加速度的にダメージ(劣化)していきます。

当然、髪の中に入れたジアミンも抜け出てしまうのです。

つまり、

髪が痛んでいると、色もちが悪い

と言う事になってしまいます。

PHによる見え方の違い

また、色素はPHによって見え方、色の濃さが変わる、、という特徴を持っています、

以前ブログにも書いていますが、何故か写真がなくなっていますので、改めて書いておきましょう。

カラーの色持ちが悪い!?髪を染めた後、1週間で色が変わってしまう本当の理由!

カラーはそのPH(ペーハー)によって色の見え方が違います。

早速実験結果の写真を見ていきましょう

左からトマトジュース、コーヒー、紅茶です。

そして、左の写真が通常、これにアルカリ剤を入れてアルカリに傾けたのが右側の写真です。

右側(アルカリ)が濃く見えるのが分かりますかね?

髪で行うと、、

左がアルカリのまま、右側の弱酸性に戻したものです。

分かりにくいかもしれませんが、明らかに左の方が暗く見えます。

つまり、色素はアルカリが強ければ色が濃くなる、、と言うことです。

そして、一般のカラー施術の場合、施術後1週間は、髪がアルカリに傾いているのです。

美容師が「1週間で色がある程度落ちます、、」というのは、こう言ったPHの変化による違いも実は大きいのです。

更に言うと、髪がアルカリに偏っている=キューティクルが開きっぱなし、、と言う事なので、当然色素も抜け出やすくなっているのです。

特に最近の「透明感のあるカラー剤」はアルカリが非常に高いため、色落ちも早くなってしまいます。

ですから、重要なのは、カラー施術の後に、髪を中性〜弱酸性に戻しておく事、弱酸性で見える色素量を補って置く事ですかね。

その改善策は??

基本的な対策は、美容室でしっかりPH調整を行ってもらう、、と言うのがメインでしょう。

ホームケアで酸度のあるもの(昔ならレモンの絞り汁とかですかね、、)を使用するのも、酸性に偏りすぎてカシカシしてきたり、できたとしても髪の表面しか中和できないので、あまり効果的ではないでしょう、、、。

後は、自宅で使用するシャンプーでも大きく変わります、

あまり洗浄力が強すぎると、当然色もちも悪くなります。

どうしても気になるなら、やはり365+カラーが最善でしょうね、、。

髪質改善 ほぼダメージ0でカラーをしながら髪を補修する365プラスとは?

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。