本日は2週間ぶりのアカデミー!

しかもモデルさんが2人同時、、、

つまり、それぞれが、それぞれのモデルさんを1人で行います。

まずは1人目

残念ながら、ビフォアの写真はありません、

緊張のせいか、撮り忘れていたようです(笑)

「赤みのある状態をアーモンドっぽいカラーにしたい、、」

とのご要望、、、

最近多いご要望ですが、そもそも、日本人の黒髪には赤みが多く含まれています。

日本人のカラーは、この赤みをどうするかがテーマ、、

アッシュやマットをかぶせて赤みを消す方法と、メラニン色素を壊して赤みを少なく(ブリーチ)しながらカラーする方法の2パターンがあります。

色味をかぶせて赤みを消す方法は、当然色が今より暗めになり、逆に赤みを消してカラーを行う場合は、今より明るく「透明感のある色味」にすることができます。

ただ、髪の負担は当然大きくなってきますけど、、。

今回は、髪のダメージもなく、しっかりした髪のモデルさん。

しかも、明るくなって構わない、、とのことだったので、一度ブリーチしてからのオンカラーに挑戦する事にしたようです。

まずは、赤みを抜いた、ブリーチだけの状態

ビフォアがないので分かりづらいですが、随分赤みのない感じに仕上がっています。

もちろん、ただブリーチするだけでは、髪のダメージもこの上なく上がってしまうので、ブリーチ後にある処理剤で一手間加え、傷まないブリーチ処方にしてあります。

その後、365+カラーで若干パープルを混ぜたブラウンを塗布。

仕上がりの写真がこちら

いい感じのカラーになりましたね!

365+カラーですので、当然手触りも抜群です!

そして、次のモデルさんは、ベースメイク&カラー

ジリジリした捻転毛と言うクセ毛で、広がりがあり、艶もない、、

難しい髪質ですね、

ただ、カラー以外の施術がないとのことで、毛先以外のダメージはそれほど大きくありません。

毛先が日々のアイロンの熱でくすんでしまっているのと、細かい切れ毛がある程度です、、。

その後カラーで透明感のある色味を加え、仕上がりがこちら

こちらのモデルさんも非常に驚いていました。

こんな風になってことがなようです、、。

 

美容師にとっては、お客様が喜んでいただけるのが、1番のやりがいになりますからね!

と言う事で、本日のアカデミーはこれにて終了です!

ありがとうございました!

 

 

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。