癖は伸ばしたいけど、毛先は巻いたみたいにしたい、、、

 

矯正ストレートをされる方のよくある御要望です。

 

 

しかし、ストレートやデジタルパーマは、薬剤パワーや、物理的パワーがつよく、単体でも、髪の負担が大きなメニューです。

 

 

美容師側が安易に考え施術すると、えらい事になってしまうリスクがあるんです。

 

 

実際、髪質改善でご来店いただく方のなかにも、ストレートとデジタルパーマを繰り返し、髪が硬くなったり、ゴワゴワしてしまい、困ってる方も多いです。

 

 

さらに、デジタルパーマは切らない限り、同じ部分に何度もかけられる技術ではありません。

 

 

こう書くと、デメリットばかりで良い事ないじゃない!なんて思われてしまうかもしれませんが、けして、そんな事はありません。

髪が有限である前提で、今の状態と、やく、技術のバランスが取れると、ワーって乾かしただけで、大きく巻いたようなカールがいとも簡単にだせるんです。

要は、髪とのバランスが取れるかどうか、、

と、言う事で、その実験

まずは、毛束をストレート!

ブリーチ有りの毛束です

1束写ってないや笑

①そのまま、濡らしてデジタルパーマ

②2剤処理した後、改めて弱い薬剤でデジタルパーマ

③2剤処理した後、さらに弱い薬剤でデジタルパーマ

その後、デジタルパーマで加温

そして、それぞれの仕上がり

左から①、②、③
①は、強い薬剤なので、しっかりウェーブも出てます。毛先もクルッとなってます
ただ、毛先のダメージは結構大きい
まぁ、当然ですよね。

 

②と③は柔らかく、ダメージも小さいけどデジタルパーマのかっちりさは少ない。

 

これくらいの髪なら最も弱い薬剤の方が安全にかけられる。

そんな実験結果でした!

 

って、一般の方には訳が分からないですよね笑

実際の施術例、そのうち上げますね‼️

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。