美容師の仕事は、どれだけマニュアルを作っても、それぞれの美容師のカンに頼るところが大きいです。

ここで言うカンとは、当てずっぽうのカンではなく、正しい毛髪知識と経験からくるカンです。

この髪質、状態で、これくらいのパワーの薬剤なら耐えられるな、、

みたいな感じ

これは、どれだけマニュアルが進化したとしても、素材(髪の状態)に違いがある以上、やむを得ないかなと思います。

むしろ、その違いこそが、良い悪いは別にして、美容師のやりがいになる気がします。

さて、本題のノンアイロンストレート。

アイロンの代わりにブローで行うストレートですね。

最近では、弱酸性の薬剤を使用しながらのノンアイロンストレートなども目にします。

僕も、個人的にブローストレートに偏ってた時期もあります。

それだけでなく、低温ストレートとか、酸性ストレートとか、色々試しました。

が、、、結果的に思うのは

何を使おうが、大切なのは、システムでは無く、美容師の判断だと思います。

髪を知り、薬剤を知り、お客様の気持ちを知る。

当たり前ですが、そんな美容師さんが、特に今後は重宝されるきがします。

脱線しましたが、ブローストレートは特に、美容師の経験と技術、さらに知識が重要になります。

ブローによる熱のあて具合、テンションのかけ具合などです。

つまり、ノンアイロンだから髪に優しいなんて事は、全くあり得ません。

やり方次第では、アイロンストレートより痛む事すらあり得ますよ。

髪は有限ですからね。気をつけましょう

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。