こんにちは。名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。
デジタルパーマが美容業界で始まったのは、かれこれ20年も前。

 

大きなリッジの巻いたようなカールが乾かしただけで再現可能!

 

当初はかなり画期的なメニューでした。

 

僕が知ってる限りでは、当初のロッドは陶器で出来てたような、、、(定かではないですが機械も100万くらいしてたような気がします、、、)

 

そこからデジタルパーマ機は、様々なメーカーから出されて、随分広がっていきました。
一時期は、デジタルパーマ全盛期もあったのですが、それに比べると、今は随分衰退してきましたね。

その衰退の理由は明らか‼️

 

そう、度重なる施術によるヘアーダメージです。
同じ部分に何回もデジタルパーマをかけたてたら、いつかは

「もうかけられない状態」

にまでなってしまいます。

 

通常のパーマに比べると、デジタルパーマは薬剤も強く、熱も使用するので髪の負担も大きいのです。

特に、矯正ストレートと併用して、ストカールとか、ストデジと言ったメニューで行う事も多い。

 

すると、髪がジリジリしてしまうようなトラブルも、ちょいちょい耳にします。

 

だから、ウチでは、デジタルパーマの多くは「低アルカリ」の薬剤を使用します。

 

矯正ストレートやパーマやカラーを繰り返している髪は、既に何回もアルカリに触れている経験があります。

 

だから、アルカリを抑えてあげる事で、出来るだけ髪の負担を少なくしてあげるのが最適なんです‼️

 

では、先日の施術例


1年半ほど前に、矯正ストレートをしてるそうです。

さらに、3カ月前に通常のパーマ。
当然ですが、ダメージは出たけど、全くかからない。

 

(矯正ストレート毛に普通のパーマではかからないかジリジリになることがほとんど!

 

なぜなら、矯正ストレート毛は、髪のストライクゾーンがめちゃくちゃ狭いんです!!

 

だから、安易に「毛先ピンピンだからパーマかけよっかなぁ」なんて考えると大きなトラブルになりかねません!)

 

根元のクセも多少あるので、ストデジするか迷ったのですが、とりあえずデジタルパーマだけにしました。

 

クセが気になるなら、後日ストレートをしましょう。と提案させていただきました。

ストデジはリスクもありますしね、、

できるなら別々にした方が安全です。

では、アフター

ストレート履歴があるわりには、ダメージも少なく、ツヤのある毛先カールににしあがりました。

梅雨に入ってクセが気になるようなら、低アルカリでストレートしましょ!

最小限のダメージできれいにのばしますから!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。