数年前から、美容業界では「髪質改善〇〇」なんていったメニューが密かに流行っています。

僕が把握しているものの多くは、ごくごく、よわーい矯正剤(ストレートの薬剤)にコーティングを足したもの。

中には、コーティング剤を化学反応により、取れにくくしてあるものもあります。

基本的には、ストレートアイロンを使用して、髪のツヤと手触りを改善しているだけなので、

もちろん髪のダメージを補修してくれるわけではありません

極端な話、今までの反応型のサロントリートメントの「強力版」と言った感じですね、、。

サロントリートメントですら髪は傷むので、こういったストレートアイロンを使用するモノは

髪の形状を変えているので、厳密に言ったら「髪が傷まない」わけではありません。

 

髪のダメージを無かったことにする「魔法の薬」なんてない!

 

「女性の髪は命、、、」

遥か昔から言われ続けているだけあって、やはり女性はキレイな髪にあこがれますよね。

僕も、どうにか「傷んだ髪」を「元の髪」に戻せないかと試行錯誤していますが

ご自分で「あ、傷んでるな」と感じてしまうレベルの髪の傷みは、今の所

「元に戻すのは不可能」(今後はわかりませけど、、)なんです

ジェンテで行っている復元メニューのヘアーホスピですら、写真のようなダメージだと

ホスピ単体では「傷んでいると感じない」レベルまでもっていくのは相当時間もかかります。

 

髪質を改善を行う上で最も大切なことは何か?

 

では、上記に様な「ダメージをごまかす」メニューにはあまり意味はないのか、、、?というと

そうではありません。

傷んでガシガシになってしまった髪、もしくはジリジリになってしまった髪は

おそらく想像以上にストレスを感じてしまうでしょう。

そういった状態の髪を、一時的とは言え、ごまかすことで、普段も髪の扱いやすさは随分変わるでしょう。

(持ち具合にもよりますが、、、)

しかし、、、、、

その髪のダメージを引き起こした根本的な原因を改善しないと、いつ同じことが再び起こるかわかりません。

 

例えて言うなら、

洗濯用洗剤で手を洗いながら、めっちゃ高級な保湿剤を使うようなもの、、、。

それなら、洗濯洗剤をやめて、他のものにしましょう、、、、という事ですね。

 

髪の場合だと、そういったダメージの原因は、パーマ、カラー、矯正ストレート、ヘアマニキュアなど

ある程度限られています。

ただ、残念ながら、全く同じメニューでも、施術の仕方、気の使いかたで

髪にかかる負担は全く変わってきます。

 

「髪質を改善したい!」と思うなら、高価なトリートメント類を探すよりも、

まずは「髪をできるだけ傷めない」知識や技術を知る美容師探しからですね!

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。