こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

ヘナは髪に良い、、、そんな事を聞いたことがある方も多いと思います。

 

もともとインドに生えているただの草。

最近では、現地の若い女性はヘナを髪にはつけないことが多く

腕や足に模様を描くときだけだそうです。(現地の美容師談)

模様はこんな感じ

 

では、ヘナは髪にはどんな働きをするのか、、、

ヘナの成分が疎水性(水をはじく成分)で、その成分が髪の傷みの原因の「ダメージホール」の

穴を埋めてくれるらしい、、水をはじくから、長く髪にとどまり、水分が髪の内部に侵入するのも防いでくれる。

ただ、科学的にはまだ解明されていないことも多いらしいんですけどね。

 

日本でも、ずいぶんと認知度の上がったヘナ。

実際にトリートメントとして使用される美容師さんも多くいます。

髪の傷みでカスカスになってしまった髪も、繰り返し行うことでハリやツヤのある髪になるのです。

ただ、、、元々の100%へナは白髪に入れるとオレンジ色しかならない

そのオレンジをぼかすために、インディゴを上からかぶせたりするんです。

しかし、色の出方は人によってまちまち。

茶色い白髪染めとして使うには、結構手間と時間を要するのです。

 

それは、トリートメントとして使う場合でも同じ!

明るいトーンの髪に入れると、赤みのある茶色に変わってしまうのです。

と、いう事で、実験してみました。

この黄色っぽい色が、ヘナを入れることで

こんな風に変わります。

写真でも、ちょっと重みが出ていそうなのがわかりますかね。

 

確かに、髪のダメージホールを埋めて、ツヤやハリを出すには最適。

だけど、髪の色が変わるのには抵抗が、、、、、

 

という方も多いので、いろいろ探して、「色のつかないヘナ」を使用したトリートメントの実験を

現在行っています。

「色のつかないヘナ」というと誤解を招きますね、、、

正確には、ヘナをほかの香草で薄めてあるものです。

 

良い結果が出そうなら、またブログにて上げていきたいと思いますので、お楽しみに!

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。