こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

一般的に「髪が傷んでいる」状態というのは、髪がひっかかったり、ギシギシしたり、

あるいは、ふわふわしてくる状態だと思います(たぶん)

こんなかんじなら、もう誰がどう見たって、「傷んで」いますよね!

たぶん電子顕微鏡でみたら

こんな感じ、、、いや、、、もっとひどいことになってるかもしれません、、。

 

でも、髪のプロである美容師的には、これは違うんです。

例えば、

この写真では、キューティクルも荒れだしてはがれてる部分もある。

明らかに「傷んでいる状態」の髪です。

でも、この方自身の髪は、ややツヤ感はかけてるものの、一般的な「傷んでいる状態」ではありません。

触ってみても、それほど問題のある髪ではないんです。

 

つまり、「髪が傷んでいる」というのは、見る人の尺度によって大きく変わる!

素人目でみて髪が傷んでるな、、と感じたら、プロの目からみたらもう末期である可能性もあるし

逆に、傷んでいないとおもっている髪でも、多くの場合、少なからずダメージはあるものなんです。

 

「だから、ヘアケアを大切に!」という事もあるのですが、今回言いたいことは、そうではなく

「普段きれいに見えるなら、ある程度のダメージを恐れない事」が大切だと思うんです。

 

以前にも、どこかの記事で書いたのですが、ダメージさせないことは、普段を楽にきれいに見せるための「手段」

にすぎません。 → なぜ髪が健康である必要があるのか?

 

そこに変にこだわりすぎると、、、

「髪は傷んでないけど、きれいじゃないよね、、」なんて本末転倒なことだって十分あり得ます。

 

「髪質改善」も「素髪」も「美髪」も、手段でしかなく、

きれいに見えるために必要なら、カラーだって、パーマだって矯正だって

自分できれいにスタイリングできる程度なら、僕はするべきだと思うのです!

 

特に日本人の髪質なんて(外国人の髪質あんまりわかりませんが、、)現状のスタイルを考えれば

パーマはもっとあっても良いのでは、、と思うんです。

 

それでも、やっぱりダメージは少ないにこしたことはないので、できるだけ髪に負担の少ない方法を選ぶべきだとは思いますが、、、。

ま、当たり前の話なんですけどね (笑)

 

「髪が傷むから、からー、パーマ、矯正ストレートしない!」

この選択が一番美容師泣かせかもしれません(笑)

 

 

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。