こんにちは。名古屋の髪質改善プランナー衛藤です。

 

随分日差しも強くなってきました。

5月は紫外線がもっとも強いといわれる時期。

紫外線は、肌にとっても、髪にとっても強敵です。

髪の紫外線対策もしっかり行ってくださいね、!

 

髪にとって大切なのは、対処療法ではありません。

特に肌のように自力で治る力を持たない髪はなおのことです。

大切なことは、できるだけ髪を傷ませないこと!

それには、サロンでの施術もありますが、ホームケアがものすごく大事!

ホームケアだけでも、徐々に髪は変わってきます!

365日のヘアケアの重要性について

 

今回は、よくこの記事にも出てくる「アルカリ」について説明させていただきます。

若干専門的になりますが我慢してくださいね(笑)

 

通常、カラーやパーマ、矯正ストレートなど、髪の形や色を変える作業は、「アルカリ(ph8~13)」で行われます。

でも、髪が一番傷みにくいのは、皆さんもご存じの「弱酸性(PH5.5)」なのです。

この図がわかりやすいかな

ペーハーだけで言えば、パーマなんかよりカラーのほうがはるかに高い!

注目してほしいのは、「髪の等電点(髪が一番安定、傷みにくいPH)つまり弱酸性」

水道水は髪から見たらアルカリに偏っているんです。

だから、厳密にいえばシャンプーだけでも髪は傷む!

そして、カラーやパーマ、海水などは髪から見たら、かなりアルカリになります。

 

だから、アルカリに傾けた髪はいち早く等電点(弱酸性)に戻してあげたほうが良い!

 

では弱酸性のシャンプーを使用すれば、髪は等電点まで戻るのか?

 

ここが結構ややこしい部分。

アルカリに傾いた髪に弱酸性のシャンプーやトリートメントを使用しても、偏ったアルカリが戻るわけではありません。

 

なぜか、、、それは「酸度」というものが関係してきます。

「酸度」とは、アルカリに偏ったものを酸性側にに戻す力の値。

これはPHとはイコールではないので、「弱酸性だけど酸度のないもの」は

「害はないけど、アルカリを弱酸性に戻す力もない」ということです。

 

ちなみに、僕らがサロンで使うものは、弱酸性でありながら酸度70mという強力なものです。

美容業界にも、なかなかこれだけのものはないんです。

だから、結構高価なんですけどね、、、。

 

だいぶ話がややこしくなってきてしまいましたね。

 

ではここからは簡潔に!

 

つまり、サロンでカラーやパーマをした後は髪の表面や内部はアルカリに偏っています。

そこで、シャンプーの時に、「酸度」の強い薬剤でアルカリを弱酸性に戻します。

ただ、アルカリが高い薬剤を使用していると、1度で100%弱酸性に戻すのは不可能。

だから、自宅で髪を濡らすたびに、アルカリに偏ってしまうのです。

ですから、ダメージが気になる方にはこちらを使っていただくのがお勧め!

特に細い髪やハリコシがない髪の方は、髪がアルカリにひどく弱いので必須です!

その名も、do-sアルカリオフ!  そのままの名前ですね(笑)

これ、実はとある元マニアックな美容師さんが作っているのです。

地味ですが、すごーく良い働きをするし、すごーく重要なものです。(サラサラにしたり、ツヤを出したりするものではありません。)

使用方法は、濡らした髪に少量なじませ、2~3分放置、で、その後シャンプーしてください!!

少しづつですが、傷みの少ない髪になっていきますので。

使用頻度は、1週間に1回使用くらいで十分です!

あ!遠くて買いに来れない方は、アマゾンでも販売しているみたいですので、、

購入サイト

うちで買っていただく方が、もちろん僕はうれしいです(笑)

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。

「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。