ヘアースタイルを考える上で、髪の色や形は非常に重要な要素。

けれど、美容室で行うメニューは、ほとんどダメージの原因になる!

そこが美容師の仕事の矛盾するところ!

では、今日の本題。

アルカリは髪に悪いのか⁉️(ストレートバージョン)

矯正ストレートは、通常のパーマにくらべても、圧倒的にパワーが強い!

この図がわかりやすいですかね?

故に、柔らかい髪、細い髪などでは、トラブルになることも!

上の図でもわかるように、phでいえばカラーの方が高い。

けれど、パーマの場合は、ph以外にも、アルカリ度や、還元剤(髪のタンパク質の結合を切る薬剤)などによっても変わるので、一概にphだけでは判断できないのです!

実際に、酸性パーマや酸性ストレートなんかも市場には出回ってます。

(これも、酸性だから髪に良いなんて事は絶対にありません)

とはいえ、矯正ストレートでいつも思うようにいかないのは、髪の状態と薬剤、そして技術が合ってないのかもしれない。

矯正ストレートはダメージリスクの高いメニューですが、

アルカリだから❌ 酸性だから⭕️

なんて判断すると、後々痛い目にあう可能性も!



全ては、髪と薬剤と技術のバランスがキチンと取れてる事‼️


矯正する上で重要なのはこれです‼️

ダメージレスのなんとかストレートなどのシステムで、どんな髪も綺麗になる!
なんて、あり得ませんよ。

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。