こんにちは、名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

 

美容業界はまだまだ皮膜髪が主流。

 

そんな中で一部の美容師達がオススメしている素髪


そんなに素髪っていいの?


…………………………………………

まずは、皮膜髪のメリット、デメリットについて考えて見ましょう。

【皮膜髪】

髪のダメージをごまかすため、ラップのようにコーティング(実際は粒状)してツヤ出ししている髪。

乾いた状態で、指で髪を触ると、キラキラ光るのが分かります。

 

 

【皮膜髪のメリット】

●その時だけなら、少々のダメージでも髪にツヤが出て見える

●簡単にサラサラになる

●物理的に重みが出るため、クセ毛が落ち着きやすい

 

 

【皮膜髪のデメリット】

●髪が重くなりボリュームがでにくい

●髪の水呼吸ができないため、ダメージになりやすい

●薬剤の浸透がわるくなる為、カラーやパーマなどが効きにくい

まだたくさんあるのですが、分かりやすいように、この程度にしておきます。

 

そして、【素髪】とは、

こう言ったコーティング剤がついてなくて、尚且つ、自身のキューティクルが髪に残っている状態の髪です。
ポイントは、、、

「キューティクルが残っている」←これです!
ちょっと分かりにくいのですが、本来、素髪とは、
コーティングしなくても、髪がキレイに見える状態だと思ってます(個人的に)

 

キューティクルがなくなってしまったこのような状態の髪

に、一切のコーティングもしなければ、当然、バッサバサですよね。
それが素髪であるなら、美容師として【素髪】なんて悲しすぎです。

 

だって、全くキレイには見えないんですから、、

コーティング剤がついていない傷んだ髪は、ただの【裸髪】です。

その辺りが詳しく知りたい方はこちらを

どS美容師的 素髪・すっぴん髪 とは?
題名はさておき(笑)僕が色々教えていただいてるブログです。

 

つまり、【皮膜髪】が嫌だからと、ノンシリコンやオーガニックやらを使ったって、【裸髪】にはなっても、すぐに【素髪】にはなりませんよ
って事です。

カラーやパーマ、ストレートなんかしていれば特にそうです。
髪の最強の保護剤であるキューティクルが、最大限に働ける状態にしてあげる事、それこそが【素髪】なんです。

なんだか、ややこしい話ですけどね。

 

たまに美容室でケアをすれば、後の美容室へ行かないほとんどの日は、快適に過ごせる。

それが【素髪】の目指すところです!

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。