まずは、そもそも、髪の毛のダメージとは何なのかを、できるだけ優しく説明してみます。

通常、髪はキューティクルと言う最強の保護膜でおおわれています。

この、うろこ状の一枚一枚がキューティクルです。

これは、髪のダメージから見ると非常に重要で、最強の保護膜と言っても過言ではありません。

特徴として、横のチカラには非常に強くできています。

また、髪の毛の中の成分が抜け出ないように蓋の役割もしています。

キューティクルは硬いタンパク質でできているので、はりこし、ツヤ、しなやかさなども、キューティクルの有無に関係してきます。

そんなキューティクルですが、縦のチカラ(摩擦)や熱にはあまり強くありません。

ですから、タオルドライやドライヤーに注意が必要です。

また、カラーやパーマ時にアルカリに偏らせると、キューティクルが開き、それが原因で剥がれてしまう事もあります。
で、キューティクルが荒れてくると、

とか

と言った具合に、まずキューティクルが浮いてきます。

ちょっと違うパターンだと

これはヘアーマニキュアによるダメージ。

キューティクルに亀裂が入っています。

これは、パーマ剤と熱によってキューティクルが溶けて形も変わっています。

見た目的にはグロテスクですが、このあたりまでなら、実際にはそれほどダメージを感じません。

後々は心配がありますが、、

ところが、これがさらなる美容師の施術や間違いだらけのヘアケアが続くと

キューティクルが無くなります。

良くみて見ると、穴が数カ所空いているのがわかりますか?

この穴から、髪の中の成分が抜け出ていきます。

髪の中から成分が抜けると⁉️

大雑把に言うと、枯葉と緑葉の違いと似ています。

緑葉は弾力があり、しなやかにゆれる

枯葉は、硬くて、降っても揺れません。

髪も、これと同様に、健康な髪は、しなやかで弾力があり、ダメージした髪は硬くピンと立ち上がります。


実際、キューティクルの無くなった毛髪は枯木みたいですよね

ヘアースタイルの収まりが悪いのは、この硬さが原因の場合も多くあります。

キューティクルが荒れる原因

1、美容室での施術  特にパーマやカラー、矯正などでアルカリに傾け、ちゃんとした後処理が行われない事

2、ご自分でのヘアケア

ただ、どちらも100%ダメージレスなんて事は、絶対ありません!

ですが、出来る限りダメージを抑える事で、その後の髪も変わってきます

ダメージは加速する!

髪は通常、キューティクルが守ってくれますが、ちょっとした傷や穴から、どんどん広がります。

同じ物を使用しても、同じ方法で乾かしても、キューティクルが荒れていると、どんどん悪化していきます。

トリートメントが髪をいためる⁉️

「今日はトリートメントしておきましょうか?」

美容室で良く聞くセリフです。

だけど、ちょっと待って!

通常のサロントリートメントでは、髪は良くならないって知ってます?

手触りを誤魔化したり、熱や摩擦からの保護にはなりますがね

最近では、もちを良くする為に、疎水化までしてしまうものもありますが、あまり強力な物は、むしろ危険な場合があります。

通常、トリートメントと呼ばれるものは、ほぼコーティング剤です。

しかも、キューティクルに吸着します。

もちが良いトリートメントは、この吸着力が強い!

そのため、剥がれ落ちる時に、健康なキューティクルまではがしてしまう可能性があります。

髪の強い人、弱い人⁉️

髪は、人それぞれちがいます。

髪の太い、細い、強い、弱い、色々ちがいがありますが、この違いはキューティクルの厚みと枚数に関係があります。

日本人の平均キューティクル枚数は4〜8枚だと言われています。

なので、特に注意が必要なのが、かみの細い方。

こういった方は、キューティクル枚数が少なく、薄いので、できれば、酸性〜低アルカリで施術したいですね。

トリートメントもあまりし過ぎない方が、後々の為には良いでしょう

では何をすれば髪に良いのか?

そんな方は次をご覧ください。

ヘアーホスピとは

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。