こんにちは。名古屋の髪質改善プランナー、衛藤です。

この時期になると、矯正ストレートやパーマのお客様が増えてきます。

湿度でクセが出たり、あるいは、せっかくスタイリングした巻髪がだれてしまう、、

そんなときに役に立つのが、パーマや矯正ストレートなんです!

 

矯正ストレートやパーマは、基本的にアルカリに傾けて作用させます。

この図ですね。

一般的に美容師さんたちが言う「弱い薬」っていうのは、この図の「パーマ・シス系」と書かれているものが多い。

見て分かる通り、実は「弱い薬」だけどアルカリはちょっと高いものが多いのです。

アルカリが高いと、きちんと後の処理をしておかないと、のちのちガシガシしてきてしまいますからね。

かけたその時はいいんですけど、、、。

 

最近、wガラス化エアウェーブの記事も2、3書いています。

めちゃくちゃコストパフォーマンスの良いパーマ‼

Wガラス化エアーウェーブでゆるふわパーマ!

本日も、エアウェーブのお客さまの施術例です!

事前のメールで、「髪が細くてパーマがかからない。けれど、ボリュームを出すためにパーマをかけたい」

とのご要望でした。

パーマでボリュームアップなので、ショートボブのポイントでのパーマスタイルも検討していました。

 

ご来店頂くと、確かに細めではあるけど、しっかりした髪で、微シス毛ではなさそう

 

※微シス毛とは・・・髪の中のたんぱく質(シスチン)が元々少なく、ウェーブやカールを支えるだけの

たんぱく質髪の中にが存在しないため、パーマの係が非常に頼りなくなってしまう髪。

ビフォアの写真がこちら

あ、首元のラップが映ってしまいました(笑)すみません

すごく品のある、おきれいな方なので、きっとゆるふわの巻き髪っぽい感じはお似合いになりますね。

という事で、ある程度の長さは維持!

 

でも3か月前にパーマをかけているそうです。

カラーも同時だったのでちょっと取れちゃったかも、、、とおっしゃってました。

きっと、美容師さんも、細めの髪だから「弱めの薬」でかけたのでしょうね。

アルカリが高くても、還元剤のパワーが弱ければ、パーマはかかりませんから、、、

 

でもそのおかげで、思っていた以上に、髪のコンディションはよい状態です。

「おそらく、きれいにかかると思いますよ」とお話しして施術スタート。

とはいえ、パーマは一歩間違えるとえらいことにもなりかねないので、油断は禁物。

いつもどおり、こんな機械に2回も入ってもらいます

そして、パーマで髪に残ってしまうはずのものをシャンプー台で除去!

できるだけ、髪に何も残さないのが、髪を傷ませないコツです!

そして仕上がり

ブワーッと乾かしてるだけで、毛先が丸まってくれます。

これくらい乾かして、毛先にややキープ力のあるワックスでにぎにぎすれば

超簡単、ゆるふわスタイルの出来上がりです!

サイドにボリュームを出すために、表面に少し段を入れて、

トップのボリュームはフロントをちょっと増やすことで、楽にできるようにカットしています。

フロントからも取らせていただきました。

とてもいい感じですね!お似合いだと思います。

今回も中性の薬剤なので、それほどのダメージは出ないはずだし、

パーマのもちも、3か月は余裕で持つと思います。

仕上がり(乾かしただけですが、、)をおみせしたときの

「わーすごーい」って嬉しそうに言っていただいたことで、今日一日の疲れが吹っ飛びました(笑)

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの髪はもっとキレイになります

 

髪がキレイに収まらないのはしょうがない」なんて諦らめていませんか?
髪は正しいヘアケア、正しい施術を行えば、必ず今よりキレイになります。
 
「美髪にしたいけど何をしたらよいかわからない」そんな方は遠慮なくご予約ください!

 

お電話⇒052-757-6326
月曜定休日以外10時~19時

 

ネットなら24時間いつでもご予約いただけます。